前へ
次へ

40歳を過ぎたら医療機関で乳がん検診を受けよう

乳がんは、女性がかかりやすいがんの中でも特に患者数が多いと言われています。
最近は乳がんを公表する有名人が増えたこともあり、定期的に乳がん検診を受ける女性が多くなりました。
定期的に視触診とマンモグラフィー検査を受けることで、もしも乳がんになっているときも早期に発見ができます。
乳腺外来を設ける医療機関も全国に増えていますので、40歳以上の女性は受診して乳がん検診を受けるようにしましょう。
マンモグラフィー検査は多少の痛みが伴いますが、人によって痛みの感じ方は違いますし、撮影時間は非常に短いので、数秒間だけ圧迫されるのを我慢すれば検査は終わります。
痛そうだからという理由でマンモグラフィー検査を避けている場合は、安心して医療機関を受診してみましょう。
ちなみに、乳がんはセルフチェックでも見つかる場合があると言われています。
医療機関で乳がん検診を受けるだけではなく、お風呂上りなどに定期的にセルフチェックを行う習慣をつけておくと早期発見につながります。

Page Top