前へ
次へ

早期発見のために医療機関で受けたい乳がん検診

女性特有の病気と言うといろいろあります。
そのひとつが乳がんです。
最近は、乳がんにかかる日本人女性が増えていて、特に40代からかかりやすくなる病気と言われています。
そのため、40代に入ったら定期的に乳がん検診を受けることが非常に大切です。
乳がん検診を受ける大きなメリットは、早期発見と早期治療ができる点にあります。
しこりなど自覚症状が出てからの治療よりも、自覚症状がない段階でがんを見つけられた場合の治療の方が、完治する確立が高まります。
自分は大丈夫と思っていても、万が一のことを考えて医療機関を訪れて、乳がん検診を受けると良いでしょう。
乳がん検診として用いられているのは、一般的にはマンモグラフィー検診です。
触ってみてもわからない小さなしこりを見つけることができるので、早期発見ができ、速やかに治療を受けることができます。
また、問診や視触診、エコーを用いた検診もあります。
乳がん検診は、婦人科系の医療機関や乳腺外来を設けている医療機関で受けることができます。
早期発見のためにも受診してみましょう。

Page Top